【諏訪大社】上社本宮(5)起源に神話?

開運陰陽師【賀茂じい】でごじゃる。


今日も、毎日の出来事で活用できる

チョットしたヒントや知恵を賀茂じい視点で

あなたにお届け致しますじゃよ~


初めての方は、こちらをご覧下され~
わし、賀茂じいの秘密が
満載じゃよ!これじゃよ!



さてさて、諏訪大社・上社本宮

第六幕ですぞ~


諏訪神社の起源・・・!

陰陽師【賀茂じい】の開運ブログ-1345176175375.jpg



国譲り神話の事を少し詳しく


話そうかの~



古事記・日本書紀と


違った側面を持つ記紀神話が


伝えるところではの、


天照大神の孫、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の降臨に先立って、


武甕槌命(たけみかづちのみこと)が、


【出雲を支配していた大国主命に国譲り】


(分かり易く言うとの、出雲王朝の支配権を譲渡するように)


迫ったということじゃの!


これに対して、


大国主の次男である建御名方命が、


国譲りに反対し、


武甕槌命と相撲をしたが負けてしまったらしく



建御名方命は諏訪まで逃れて来たという訳じゃの、


それで、その地で王国を築いたという事なんじゃの~


諏訪大社の起源は、ごうやら


この神話にあると伝えられておる様じゃよ!


また、本来のご祭神はの~


出雲系の建御名方ではなく


ミシャグチ神、


蛇神ソソウ神、


狩猟の神チカト神、


石木の神モレヤ神


などの諏訪地方の土着の神々であるとされて


おるらしいの~


しかし、諏訪にはそのときすでに


洩矢神(もれや=守矢神)という地主神がおったそうで、


建御名方命のこの地入ってくるのを防ごうと


戦ったんじゃそうじゃ。 


が・・・、呪術合戦の末にの、洩矢神は力及ばず負けて


しまって家来になりっての~


建御名方命のこの地方開拓の良き


協力者になったじゃとか?


この洩矢氏(もれや=守矢)の


後裔(こうえい=子孫)はの~


その後長きに亘り神長官として諏訪明神に


仕えたんじゃそうじゃよ~~。

 

こんな説も~


日本に弥生式文化の中心はいくつもあったと

考えられておったらしくての~


大和や北九州地方はそのもっとも大きいところで

あった様じゃが、また建御名方命の生まれた

出雲もその一つの有力地であったようじゃの~


大国主命を中心とする出雲族の勢力は

日本海の海岸を東に伸びての~、
越(こし)とよばれた北陸地方を勢力範囲として、


それから東の方ヘカを伸ばして、
内の一派は姫川の渓谷をつたって

更に奥地へ開拓をすすめ信濃に入ったのでは

ないかと言う説じゃよ~


また、建御名方命とか諏訪明神という言葉は、
個人を指すのではなくて、諏訪に入ってきた

出雲族の首長のよび名であったとされる説の

有るんじゃよ~


諏訪に来た出雲族は、背後に奥深い山を

背負った守屋山麓の前宮のあたりに本拠を

すえた事が諏訪大社上社の起源ではないかと

されておるんじゃの~



*下社の話はこれからじゃよ~


それではまた、

お会いできるのを

楽しみにしておるからの~



感謝じゃよ!


  ・ ・

    ・

  ・

 ・

  ・

   ・

 

What's New

*「賀茂じい倶楽部」のご案内

毎月のエネルギーが込められたお守りも付いてくる!

詳しくは「賀茂じい倶楽部とは」をご覧ください。

 

 

*斎藤さちよと行くパワースポットツアー『京都・天橋立を巡る2泊3日』

2017年10月7日(土)~9日(月)

賀茂じいも行きます!

詳細はツアー情報をご覧ください。

 

 

*賀茂じい新作お守り&霊符お守り発表!

随時新しいお守り&霊符をアップしています。詳しくは「陰陽五行お守り」「陰陽五行霊符お守り」コーナーをご覧ください。

 

 

 

*折符(金銭符)次回制作

2017年10月9日(月)己巳

金運アップセットをご希望の方は、10月6日(金)15時までにお申し込みください。

 

 

*ヒーリングメタルアート

賀茂じいこと雅英の作り出すアートと癒しの世界です。

 http://healing-metalart.jimdo.com/